2018.09.27

重ね着=太って見えるは卒業! 着ぶくれしない秋の着痩せコーデの仕方♡


ついつい着ぶくれしがちな秋コーデ。バランスよくおしゃれに着こなせば、もう重ね着も怖くありません♡

 

1.メリハリバランスで女性らしい華奢感を表現

繊細な女性らしさを取得するには華奢感を生むメリハリバランスが大切。首周りや手首、足首など必然的に細く見えるパーツだけ肌見せ&太いところはふんわり隠せば自然に華奢見えが叶うよ。

ボリュームオフショルダー×ペンシルスカート


デコルテ全開のオフショルで顔周りをすっきりさせながら、ふんわり広がるスリーブで二の腕をカバーすることで、上半身の華奢見せに成功。ペンシルスカートをハイウエストで履いてIラインシルエットを構築したら、ネイビーのスカーフベルトで引き締めてキュッとくびれもメイク。メリハリ感で女性らしさを昇華させて。オフショルトップス¥14,904/lilLilly(lilLilly TOKYO) スカーフベルト付きスカート¥8,532/dazzlin ピアス¥1,944、ネックレス¥1,944/共にアネモネ(サンポークリエイト) ファーサンダル¥11,880/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)  

フレアスカート×華奢パンプス


お尻や太ももなど気になる下半身をすっぽり隠しながら、ヒラヒラ感で可憐な雰囲気へと導くフレアスカートは華奢見え効果抜群のアイテム。ロング丈を選んで華奢なヒールを合わせればより一層、足首がキュッとしまって見え、細くてか弱い美脚感を演出できる。上半身はコンパクトにまとめてバランス良く。カーデを7分丈で着て、手首を見せるのもこのコーデのキモ。ニットカーディガン¥21,384/Katie Tシャツ¥4,860/dazzlin プリーツスカート¥18,144/lilLilly(lilLilly TOKYO)  パンプス¥9,990/キビス(マミアン本店 カスタマーサポート)  

2.Xラインシルエットならどんな体型でもスタイルアップ効果大!

‘X’文字のようなシルエットを意識してスタイリングするだけで寸胴体型でも女性らしいメリハリラインに。ウエストマークや裾広がりのボトムで上手にカバーして。

〈右〉ショーパンもハイウエスト&裾広がりを選んでミニマムながらもしっかりとXラインに。ボリューミーな小物を合わせて目線を外しながらバランス良くまとめて。ニット¥3,239/スピンズ ショートパンツ¥9,720/Swankiss(Swankiss 渋谷109店) ファーティペット¥7,452/キャセリーニ  イヤリング¥3,456/Liquem ソックス¥1,296/靴下屋(タビオ) パンプス¥10,584/OK×ESPERANZA(ESPERANZA 渋谷109店) 〈左〉ハイウエストでのトップスイン×大きなリボンのウエストマーク×タックの入ったボリューミーなフレアスカートの3拍子が揃った絶対的黄金比率。肩開きトップス¥8,532/Swankiss(Swankiss 渋谷109店) スカート¥10,692/merry jenny ベレー帽¥6,156/Honey Salon by foppish(ハニーサロン) バッグ¥5,940/キャセリーニ パンプス¥17,280/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)  

3.小物使いを駆使して小顔効果を狙い撃ち

気になる小顔対策はつば付き帽子×大ぶりイヤリングの視覚効果でおしゃれに顔から視線をそらせて。トップスは首元が開いたものを選ぶと尚良し。
ハット¥17,496/CA4LA(CA4LA ショールーム)  イヤリング¥2,700/Liquem チョーカー¥1,944/LILICIOUS(lilLilly TOKYO) ワンピース¥ 14,040/EATME(EATME原宿本店)     Photo_Ayumi Fuse[Model], Naoya Shiho[Still] Styling_Akiko Fujii  Hair&Make-up_Conomi Kitahara

RECOMMENDED

RELATED

MOST VIEWED