2020.05.12

山本舞香がエル・ファニングに!?|映画『ネオン・デーモン』メイクに挑戦【連載】MAICAST Vol.15

MAICAST Vol.15

今回は華やかな世界が舞台の映画『ネオン・デーモン』をテーマに、類いまれな美貌を持つ主人公の女の子、ジェシーになりきりました。キラキラ光るアートメイクとブレイドへアで、まるでお人形みたいな舞香にキュン★



今回の作品はコレ★


『ネオン・デーモン』(2016)

© GAGA Corporation. All Rights Reserved.
トップモデルを夢見てロサンゼルスへと上京してきた16歳のジェシー。若くて美しい彼女は、モデル事務所のオーディションに一発で合格し、トップモデルとしての階段を瞬く間に駆け上っていく。モデルとして成功していくにつれ、自信を持つようになったジェシーは徐々に野心をあらわにし始める。一方、人気を奪われたライバルモデルたちは彼女に嫌がらせをするようになり…。物語は予想もつかない結末へと向かっていくのだった。


嫉妬心について。舞香の中に、嫉妬する感情ってある?

ないと言えば嘘になるかもしれないけれど、偏った感情ではないと思う。私、人のことも自分のことも客観的に見ちゃうんだよね。人と私とでは育ってきた環境も違うし…って、自分で言うのもなんだけど、ものすごい冷静でそもそもあまり感情的じゃないのかも。仕事に関しては頂いたお仕事をありがたく全力で受けるのみ。なんで私が選ばれなかったの? って落ち込んだり、嫉妬してる時間があるなら、頑張ってやる!って思っちゃうタイプ。自分がもってない他人の才能は、純粋にすごいなって思うし、思うようにうまくいかなくて行き詰まったときは、この間あの人がこんな風に言ってたな、やってみようかな。とか、人からの助言を思い出して自分にプラスになりそうなことを試してみてる。ただ、私じゃない別の人が勝ち取った配役に対して、もしも私が演じていたらどう映っただろうって考えることはあるよ。作品が表に出るまでの段階には努力が詰まってる。メイキング部分がすべてじゃないの。だからこそ、1本の作品が終わったときにはやりきった感、達成感で成長していけてるって思ってます! そんなポジティブシンキングで、2020年も山本舞香をよろしくお願いいたします。


この企画でしか見れない舞香をお届け!
今月の舞香さん★


LARME撮影中のオフショット。本物そっくりな白猫と共に★  犬派だけど猫も好き! というか、だいたいの動物はみんな好き★

Maika info.
2020年銀座カラーのイメージモデルに就任し、TV-CMが現在放送中。また、映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』のDVD&Blu-rayが発売中。TBS系『王様のブランチ』にもレギュラー出演中。そして、2020年公開の映画にも出演が決定しました★

MODEL_MAIKA YAMAMOTO PHOTO_ISAC(SIGNO) HAIR&MAKE-UP_FUSAE TACHIBANA(etrenne) EDIT&TEXT_RISA LEE

RECOMMENDED

RELATED

MOST VIEWED