2020.05.06

渡辺美優紀の「かわいいの原点」|アイドルも人生もリセットして最後に残ったものとは?

渡辺美優紀

女の子たちは皆、少女からの成長過程の中で様々なことを経験し、影響を受け、マイポリシーを確立していくもの。そして、女の子の成長は終わりを知らない。それは、憧れる側の存在であるモデルたちだって同じこと。一旦振り返ってまた前進すべく、眠っていた記憶と共にガールズパワーを解き放ちます。女の子たちの向かうところに敵なし!


小悪魔なんかじゃない私は天使★
MIYUKI WATANABE
【渡辺美優紀】

アイドルも人生もリセットしたら、かわいいへのときめきだけが残ってた
そしてまた、ガーリーを見つけられたの★

ギンガムチェックセットアップスーツ、中に着たT シャツ、髪につけたミニピン、スニーカー/すべて編集部私物


女の子は誰でもみんなピュアで繊細。心も身体も傷つきやすいけど、同時に強さも持ってる。たとえばお化粧ひとつで自分の気分を明るくすることだってできるし、好きなかわいいものに囲まれて自分を幸せな気持ちにすることもできる。ネイルもメイクもファッションも、ほとんど自己満足の世界。でも、それは自分で自分をハッピーにできるってことだからすごくいい。そういう感じが私はすごくガーリーだと思う。

私は多分、生まれたときから女の子らしいものが好きでかわいいものが好き。好みもはっきりしているから小学生くらいから自分が選んだ服しか着なかった。夏休み、みんなが地味な水着で町民プールで泳いでいるときも、かわいい水着じゃなきゃ水に入りたくなかった。いつもかわいくしていたいから学校にもメイクして行くし、スカートも短くして履きたい。”校則“と”かわいい“やったら、私はかわいいのほうが大事。だからいつも怒られてた。

目立ちたいとか、人からかわいく見られたいとかではないから、「ぶりっ子」とか言われると「そうじゃないのにな」って思う。NMB48での小悪魔イメージも初めは泣くほど嫌だった。『わるきー』という曲をもらったときも「私はわるきーじゃない!」って反発してた。実際のところ自分は小悪魔ではなく純粋でピュアな天使だと思ってる★ そういう葛藤の中で、かわいいが分からなくなった時期もあった。

PHOTO_MELON HAIR&MAKE-UP_YUZUKO,HITOMI MATSUNO TEXT_MIDORI SASAKI MODEL_MIYUKI WATANABE EDIT_RISA LEE

RECOMMENDED

RELATED

MOST VIEWED