2020.02.11

冬ガールズコーデに欠かせない! 今年らしい3つのキーカラーとは?

Fashionable skills to control winter


Keycolor 2.
甘いだけじゃない、大人のためのピンクを☆
フェミニンなモーヴピンク

LARME女子の定番カラーのピンクは、今年はくすみピンクを選んで。強い色は使わずに、ベージュやオフホワイトで合わせて大人上品に着こなすのが◎。

淡いピンクは妖精のようにエアリーにまとう
【MOE(右)】ベージュピンクのシフォンブラウスに、オフホワイトのチュールスカートを合わせて甘く。ピンクが子供っぽくならないように、マキシ丈のスカートで上品に。足元は少し濃いピンクのパンプスでメリハリを。他が淡いカラーなので、濃いピンクで合わせても甘くなりすぎません。
ブラウス¥15,180/SISTER JANE(KOH’S LICK CURRO) 
スカート¥9,680/Manon Tokyo 
ピアス¥12,760/LUCAS JACK 
パンプス¥32,780/MILK

ボディコンシャスなワンピで大人の色香を醸し出す
【CHISATO(左)】身体のラインが分かるタイトなミニワンピを1枚でさらっとセクシャルに。マーガレットのバッグやレースブーツの白小物で合わせれば清楚にまとまります。ブーツはヒール部分がクリアなので、レースでも甘すぎず適度な大人っぽさも演出。
ワンピース¥15,180/Katie 
ピアス¥4,180/Honey Salon(ハニーサロン原宿店) 
バッグ¥8,800/merry jenny 
ブーツ¥21,780/YELLO


ラブリーなフリルブラウスをシアースカートで大人っぽく

大きな襟がキュートなヒョウ柄ブラウスをシアースカートでフェアリーに。強いイメージのヒョウ柄もピンクベースならラブリー。シアースカートはストンとしたマキシ丈だから縦のシルエットを強調してスタイリッシュに。足元はモーヴピンクのエナメルパンプスでエレガントにして、ふわっと優しい質感のコーデをシックに昇華。
ブラウス¥6,600/Barrack Room 
スカート¥13,200/LA BELLE ETUDE 
パンプス¥6,490/REZOY


愛らしいレースワンピもテーラードコートで大人顔に

レース使いがかわいいワンピの上に同系色のコートをレイヤード。パフスリーブ、お花モチーフのレースなど甘いディテールでも、ロング丈のテーラードコートならカッコいい系女子になれる。淡いモーブピンクが大人っぽいから、全身ピンクでもデキる女っぽく見せられます。
コート¥85,800/KLOSET(H3O Fashion Bureau) 
ワンピース¥5,500、
イヤリング¥5,500/共にBarrack Room


A.夏っぽいデザインの半袖ロンパースも、インナーにハイネックニットを重ねれば冬仕様にシフト。ビジューピアスや大理石プリントのブーツで高級感をプラス。ショートパンツで冬でもヘルシーな脚見せをして、ピンクも大人のバランスに。
ロンパース¥6,160/Sweemy closet 
ニット¥16,060/MILK 
ピアス¥8,800/gemma alus(gemma alus) 
ブーツ¥21,780/YELLO 
B.ピンクベージュのベロアワンピの足元にピンクを差してアクセントに。無地のワンピースが寂しく見えないように、チェック柄をチョイスして、ファーであたたかみもプラス。足元をベージュより濃いピンクにすることで、膨張しがちな淡カラーコーデにメリハリを。
ワンピース¥4400/Barrack Room 
ソックス¥715/CALZEDONIA(H3O Fashion Bureau) 
ミュール¥22,000/Charoll Vintage

Photo_Yui Fujii (Roaster), Miyuki Otake Styling_Kaori Sakurai(J styles) Hair&Make-up_NAYA, Yuki Takahashi Model_ Yui Kanno, Rika Watanabe, Hikari Kuroki, Chisato Yoshiki, Moe Kamikokuryo, Mirai Saito Text_Sayoko Ishii

RECOMMENDED