2020.02.11

冬ガールズコーデに欠かせない! 今年らしい3つのキーカラーとは?

Fashionable skills to control winter

コートを着る機会が増え、おしゃれがマンネリになりがちな冬。レイヤード、色使い、小物使いにこだわれば、いつものコーデも見違えます。着こなしテクニックをレベルアップして、一歩先ゆく、最先端ガールを目指して。


今年らしい冬のキーカラーはこの3色!
ブラウン、モーヴピンク、パープルは絶対に押さえて
今年のビッグトレンドのブラウン、モーヴピンク、パープル。それぞれのカラーのイメージを生かす着こなしテクニックで、冬のカラーコーデを攻略しましょう。

旬の“パープル”はヴィンテージコーデにマッチ
【HIKARI(右)】今年挑戦したいパープルは、ヴィンテージライクなテイストで合わせるとおしゃれ度がグンッとアップ。ベルボトムっぽいパンツを花柄ブラウスで70s風にコーデしたら、足元は黒で引き締め。
ブラウス¥15,400、
パンツ¥16,500/共にSupreme.La.La.(シュープリーム ララ 表参道Dスクエア店) 
バッグ¥74,800/NIELS PEERAER(H3O Fashion Bureau) 
ヘッドアクセ¥20,350/CA4LA Bridal(CA4LA ショールーム) 
パンプス¥7,590/R&E

今年のピンク“モーヴピンク”はベージュで大人仕上げに
【YUI(中)】持ってるだけでアガるローズのファーバッグを主役にしたいから、ピンクと相性がいいベージュでまとめて清楚に。レースブラウスにサテンのワンピースを重ねても、ベージュなら甘くなりすぎず大人顔に。
バッグ¥63,800/KLOSET(H3O Fashion Bureau) 
ワンピース¥35,200、
レースインナー¥24,200/共にVerybrain(Heavenly) 
ピアス¥4,180/Honey Salon(ハニーサロン原宿店)

トレンドカラー“ブラウン”はほっこりさせずに甘く着る
【RIKA(左)】この秋冬のキーカラーのブラウンは、ほっこりナチュラルになりすぎちゃう色なので少し注意が必要。甘口のフリルブラウスをパール付き裾フリルスカートに合わせて、とことんガーリーに仕上げて。ディテールもコーディネートも甘めが今年のブラウンの正解です。
ブラウス¥28,600/Sea New York(BRAND NEWS) 
スカート¥11,990、
チョーカー¥2,970/共にEATME(EATME 原宿本店)
リボン/スタイリスト私物


Keycolor 1.
最大トレンドカラーのブラウンはスウィートに攻めて
ガーリーなブラウン

今年マストなブラウンは、ほっこりだったり、渋くなりがちな色だから甘めの要素を入れることが絶対ルール! グラデーションコーデで濃淡をつけると可憐に。

ラフなスウェット×リブパンツをフリル襟でかわいらしく

トレンドのニットパンツをラブリーなくまのプリントTに合わせてカジュアルに。部屋着っぽくならないように、フリル襟をレイヤード。パンツと色を揃えたもこもこのファー帽で全体的にクマっぽくコーデ。カジュアル感とラブリー感を適度にMIXするバランスなら、茶色も渋くならずに着られます。
パンツ¥23,100、
ロンT ¥14,080、
ブラウス¥25,080/すべてKatie 
ファー帽¥11,000/Barrack Room 
スニーカー/スタイリスト私物


グラデーションコーデでブラウンをフェミニンに♪

ブラウンのロングスカートを、レーストップス&ビスチェで甘く。ブラウンのグラデーションコーデも、上半身をコンパクトにすると軽やか。レースやファーなどのかわいらしいディテールにもこだわって。
スカート¥15,400/Supreme.La.La.(シュープリーム ララ 表参道Dスクエア店) 
ビスチェ¥2,198/WEGO 
レースインナー¥7,700/Barrack Room 
マフラー¥8,250/MOLLIOLLI(H3O Fashion Bureau)


1枚で主役顔のミニワンピを小物でさらに洗練させる

レース付きのミニワンピは、コートワンピみたいなデザインがかわいい。パイピングのレースに合わせた白の網タイツで、ガーリー感をアップ。バッグもブーツもブラウンで統一して、今年らしい雰囲気に。
ワンピース¥55,000/KLOSET(H3O Fashion Bureau) 
バッグ¥12,100/Supreme.La.La.(シュープリーム ララ 表参道Dスクエア店) 
チョーカー¥7,920/MILK 
網タイツ¥1,859/CALZEDONIA(H3O Fashion Bureau) 
ブーツ¥7,590/REZOY


ケーブル編みニットは脚見せでガールなバランスに

ほっこりしがちなケーブルニットは、パフスリーブ、パール付きなど甘いディテールを選んで。さらにレースのインナーを仕込んでラブリーに。全身をブラウンで合わせつつ、セクシーに素脚を見せたら、ウエスタンブーツでハズしを。
レーストップス¥4,400/Barrack Room 
ニット¥49,500/Verybrain(Heavenly) 
パンツ(別のトップスとセット)¥9,790/&lottie 
クママフラー¥12,100/Katie 
ブーツ¥23,980/YELLO


A.もこもこのファーコートにフリル襟ブラウスを合わせてかわいらしく。ファーコートが重たいからインナーは軽いものが◎。
コート¥6,589/E hyphen world gallery(E hyphen world gallery ルミネエスト新宿) 
ブラウス¥5,860/lissi Boutique(lissi Boutique 原宿店) 
スカート¥6,589/titty & Co.(titty & Co. ルミネエスト新宿店) 
ソックス¥550/17℃(Blondoll 新丸の内ビル店) 
ローファー¥17,050/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 
B.フリル、レース、ファーとかわいいディテールを詰め込み。淡色のグラデーションコーデをソックスの黒で引き締め。
ニット¥10,780/Supreme.La.La.(シュープリーム ララ 表参道Dスクエア店) 
スカート¥57,200/JOHNATHAN LIANG(H3O Fashion Bureau) 
ソックス¥330/WEGO 
サンダル¥41,800/PALOMA BARSELO(CORONET)

Photo_Yui Fujii (Roaster), Miyuki Otake Styling_Kaori Sakurai(J styles) Hair&Make-up_NAYA, Yuki Takahashi Model_ Yui Kanno, Rika Watanabe, Hikari Kuroki, Chisato Yoshiki, Moe Kamikokuryo, Mirai Saito Text_Sayoko Ishii

RECOMMENDED

RELATED

MOST VIEWED