2020.01.14

西もなかも「つけま」で盛ってる! 写真映えする目元のつくり方とは?

New Eyelash Bible

ガーリーフェイスに欠かせない、ぱっちりアイの主役はまつげ。マツエクよりも自然で、まつげパーマよりもボリュームが出る♪ そんな、結局一番かわいくなれちゃう“つけま”の魅力をたっぷりお届けします。


LARMEモデルのセルフつけまテクのヒミツ。
いつも完璧でかわいいLARMEモデルたちも、実はつけまに頼ってます☆ ってことで、普段使いにもぴったりなつけまテクを教えてもらったよ。


西もなかは
濃いめのタレ目で写真映え重視★

毎日つけまを使うわけじゃなくて、女友達と写真をたくさん撮りそうなシーンで使ってる! 写真映りがすごく良くなるからおすすめ☆

ブラウス¥6,469、
ピアス¥2,052/共にtitty&Co.(titty&Co.ルミネエスト新宿店)



<アイシャドー>
上まぶたと下目尻にオレンジシャドーを使って、自然な血色感を足して目の横幅をプラス。

<アイライン>
目尻はしっかり長めに引く。目尻ラインがつけまより長くなるように、3mmはみ出すよ。

<マスカラ>
下地&マスカラを自まつげのみに塗って、つけまに負けないくらいのボリュームを出す。

<つけま>
目尻をしっかり下げたいから、芯がやわらかくてなじみやすく、上に向かないつけまが◎。

Photo_Shin Chishaki(willcreative) Hair&Make-up_Yuko Nozaki Model_Monaca Nishi Edit&Text_Asami Funayama

RELATED

MOST VIEWED