2019.09.12

簡単にかわいさをアップ!「リボン使い」ヘアアレンジ5選

女の子が好きなもの RIBBON

もう一度確かめたい、私たちには愛すべきリボンが不可欠だってこと
「リボン=子ども」というイメージがまだまだ拭えない女の子のために、リボンの魅力を再定義。本当はレディにだって、カジュアルにだって、ときには色っぽくだって変化する、振り幅が大きい優秀な存在。シンプルなアイテムもちょこんとリボンが付いているだけで、なんだか個性的なものに進化して、ウキウキした気分になれる。そんな愛すべきリボンの世界に一歩踏み込むと、「リボンがなかったら…」から「リボンがあってよかった」と、きっとあなたの価値観は変化するはず。


リボンの数はかわいいと比例関係にある
RIBBON HAIR ARRANGE


カジュアルな要素を拭うBIGリボンハーフアップ

清楚な雰囲気を纏うハーフアップは、高めの位置で少しだけおてんばに。そのラフさをしっかりとガーリー仕様にシフトチェンジしてくれるレースBIGリボンを飾って甘さを盛って♪

シースルーエアリーワンピース¥14,040/EATME(EATME原宿本店) レースリボンバレッタ¥1,944/フィント(フィント ラフォーレ原宿店)



コームの柄を使って前髪をラフに分ける

ラフなニュアンスを出すためにコームの柄を使ってジグザグに前髪をシースルーに分ける。シースルーバングにすることでヌケをしっかり出す。


トップの髪と前髪をまとめてゴムで結ぶ

シースルーに分けた前髪とトップの髪をまとめてつむじ位置で固定。結んだ毛束を2つに割き、左右にぎゅっと引っ張ってトップにボリュームを。


前髪にワックスをつけて束感を出す

指にワックスをなじませてシースルーにした前髪に少量塗る。束感を出すように、前髪を少しずつつまむようにして塗布していくのがポイント。


結んだゴムの上にリボンバレッタをオン

結び目のゴムの手前にリボンバレッタを付ける。前から見たときにゴムが隠れる位置に付けるのがコツ。最後に毛束全体を手でほぐしてふんわり仕上げる。

Photo_Suguru Kumaki(io)[Model],Naoya Shiho[Still],Styling_Hitomi Imamura Hair&Make-up_Ai Ichioka(PEACE MONKEY) Model_Risa Nakamura,Yui Kanno,Chisato Yoshiki

RECOMMENDED

RELATED

MOST VIEWED